08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【哲学】スクーリング結果

2014/05/31
東京春スクーリングの結果が出ました。
無事、合格
S評価をいただけました〜。

手を挙げて発言しても、先生の「それはなぜですか?」「それはこういう弱点がありませんか?」という反論で撃墜されていたので、驚きました
嬉しさも倍増

しかし、大学というのは答案が戻ってこないのが唯一困りますね。
自分が何を間違ったか確認できないという、、、

日頃から、吸収するだけでなく、
アウトプットする練習をしないとね。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
09:34 哲学 | コメント(0) | トラックバック(0)

【哲学】レポート返却

2014/04/01
哲学の分冊1、2レポートが戻ってきました。
返却が早くてびっくりです。
2冊とも、合格

評価はBとCの間くらいでした。
【テキストの内容をベースに記述すること】

政治学のレポートを書いたとき、
【参考文献をもっと読みましょう】
と書かれたので、テキストの知識はあくまでベースで、
理解を深めていろんな表現をした方がいいのかな?
とさまざまな文献を読んでがんばったのですが。。。

テキストベースでいいんかい!
どっちだよ!
というのが正直なところ。笑

『テキストの要約の分量は少ないけど、
これはこれで論旨が一貫しているから、合格』

と読み取れました。
大学の先生って難しいな。。。。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
10:10 哲学 | コメント(0) | トラックバック(0)

【哲学】分冊2レポート

2014/03/11
ようやく完成し、提出。ギリギリ
でも、一応計画通りにレポート作成が進んでいます。順調。

西洋哲学は内容が難解な部分もあり、参考文献も大量に借りました。
(読むのも読まないのも含め10冊ほど。
図書館から本を抱えて電車で帰るのが恥ずかしかった。笑)

完全な理解に時間がかかりましたが、
今までで一番面白くて感動した科目でした
レポートももっと熱く語りたいのにーと思いながら、
泣く泣く削って1960字とギリギリでした。

結局「純粋理性批判」はレファレンス程度に使い、
入門書の精読で理解を補いましたが、とてもわかりやすく、
体系的に学べたという手応えがありました。
竹田青嗣氏はよく名前をお見かけするので、哲学界では有名な方なんでしょうね。

超解読! はじめてのカント『純粋理性批判』 (講談社現代新書)超解読! はじめてのカント『純粋理性批判』 (講談社現代新書)
(2011/04/15)
竹田 青嗣

商品詳細を見る


また理性論と経験論の対立の構図を概観したことにより、
近代哲学の本質は理解することができたと思っています。

しかし、哲学は大きな思想の流れが掴めていないと、
難しいように思ったので、とにかく簡単そうな本を何冊かパラパラ読みつつ、
レポートにまとめていきました。

図解 哲学がわかる本: 哲人たちが「何を考えたのか」をわかりやすく解説!図解 哲学がわかる本: 哲人たちが「何を考えたのか」をわかりやすく解説!
(2013/02/12)
竹田 青嗣

商品詳細を見る

この本↑は哲学者たちの個性的なエピソードも多々交えてあるので、
普通の小説のような感覚で楽しく読めます。言葉がすごく簡単。
しかもリーズナブル。

西洋哲学史要西洋哲学史要
(2001/01)
波多野 精一、牧野 紀之 他

商品詳細を見る

こちら↑も易しい言葉を選んであって、
専門書のわりに親しみを持ってすらすら読めました。
レファレンス的な使い方でしたが、いつか通読したいです。

科目試験の勉強をしながら、次はスクーリングの予習に入ります。
休む暇もありませんが、それが楽しい。いい傾向です

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
23:55 哲学 | コメント(0) | トラックバック(0)

【哲学】参考文献等

2014/02/26
哲学の分冊1、2レポートの構想中。
最初は哲学って難解そうだし、2000字いくかなぁー。
と思っていましたが、読めば読むほど奥深くて面白く、
結局いつもの『削らなきゃ。。。』な展開になりそうです
(それでも、かなりセーブして書いている)

先日ご紹介した↓この入門書で確認しながら教科書を読み進め、
史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK)

以下を購入。
ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫)ソクラテスの弁明 (光文社古典新訳文庫)
(2012/09/12)
プラトン

商品詳細を見る

超解読! はじめてのカント『純粋理性批判』 (講談社現代新書)超解読! はじめてのカント『純粋理性批判』 (講談社現代新書)
(2011/04/15)
竹田 青嗣

商品詳細を見る


こちら↓を含めて数冊、図書館から借りました。
古代ギリシア・ローマの哲学―ケンブリッジ・コンパニオン古代ギリシア・ローマの哲学―ケンブリッジ・コンパニオン
(2009/07)
デイヴィッド セドレー

商品詳細を見る


ソクラテスやプラトンに関しては、
紀元前の話なので本によってかなり解釈に幅がありますが、
がんばってうまいことまとめようと思います。

カントの純粋理性批判は、文庫で全7巻とわかり、
さすがにそんなに読んでる時間がないので、
哲学系の本でよく名前をみかける竹田先生の本に頼ることにしました。
余裕があればさわりだけでも読みたい。。。

目標締切は3月10日。
やればできる

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
11:17 哲学 | コメント(0) | トラックバック(0)

【哲学】入門書

2014/02/07
哲学って、前から興味はあったけど難しそう。
簡単でわかりやすい入門編の書籍はないかなー。
というときに、見つけたこの本!
史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK)史上最強の哲学入門 (SUN MAGAZINE MOOK)
(2010/04/14)
飲茶

商品詳細を見る

ネットで注文し、届いた日になんとなーくページを開くと、お、面白いぞ。
お、まだいける。と、あっという間に100ページ越え。笑
レポート書かなきゃいけない英文法のテキスト差し置いて、
読破しそうな勢いです

なんせ、高校時代、信じられないほど数学が大キライだったわたしが、
『哲学を入口にしてたら、数学好きになってたかもなぁ』
と錯覚を起こすほど面白いのです
天地がひっくり返るほどの衝撃と言っても過言ではない。笑

東北大学出て、サラリーマンになって、結婚して、
ある日突然経営者になろう!と決めて会社を立ち上げ、
四苦八苦して会社を軌道に乗せ、
4児のパパであり、科学数学哲学マニアでもあるという、
どこ探してもなかなかいないような作者のプロフィールもイイ。

やはり、「自分はこれが大好きなんだ!」という情熱が伝わってくる本は、
どんな分野のものでも面白いですね。
おかげで哲学、がんばれそうな気がしてきました。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
ランキングに参加しています♪よろしければクリックお願いします。
00:18 哲学 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。