11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【英米文学概説】かもしゅう結果

2015/11/02
先月のかもしゅうの結果が出ていました。
結果は、、、無事合格

この科目は取るのに1年ぐらいかけてしまいました。
入学時すでに教科書が送られてきていたので、
おそらく一番最初に取りなさいよということだったのでしょうが、
思いっきり無視。苦笑

最初の配本は、最初だけあってちゃんと意味のある組み合わせで教科書を送ってきてくれているんだな、ということに、3年目で気づきました

そんな時期がなつかしく、
4年目に入り、ちょっとは成長してんのかな?と最近考える。

もし今から入学するなら、絶対に最初に配本されたぶんから、素直〜に学習したいです。笑

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
20:23 英米文学概説 | コメント(0) | トラックバック(0)

【英米文学概説】かもしゅう第3回

2015/10/29
かもしゅうの第3回で、早々にレポートが終わっていた英米文学概説をついに受験しました。すべて英語のテキストなので、問題を見る前から完全にビビってしまっておりました。苦笑

メディアを受けるか迷っていたのですが、
過去問を3年分見返すと、「なんだ、パターンがあるじゃないか!」
と気づいて即かもしゅうに切り替え。
予想通りの問題が出て、解答も事前に作っていたので、
まぁまぁ書けたはず!

このテキストは易しい入門編ではありますが、
はじめて英語で専門書を通読できたので、
そういう意味ですごく自信がつきました。
受かりますように!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
20:56 英米文学概説 | コメント(0) | トラックバック(0)

【英米文学概説】レポート返却

2015/03/14
先週、帰宅するとレポートが返ってきていました。
今回は、3週間での返却。良心的です。

久しぶりに、WEB上で合否確認する前に現物を見たので、
ドキドキしながら開けると、、、
無事、合格

しかも、講評が長くて丁寧!
「優れたリポートです」の一言が嬉しかったです。
本文にも赤線引いて○印がついていたり、
チェックしましたよという跡をちゃんとつけてくださってました。

ただ、原文の単語をそのままカタカナ表記してしまったところには注意が入っていました。たとえば「キャラクター」ではなく、訳語の「性格描写」とするほうが望ましいようです。
アメリカ文学史や英語史でも気をつけないとですねー。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
12:35 英米文学概説 | コメント(2) | トラックバック(0)

【英米文学概説】分冊2完成

2015/01/29
英米文学概説、分冊2のレポート完成!
分冊1とさほど難易度は変わらないように思いました。

英語の文章を訳しながら要約すると、
日本語が少し不自然な感じになりますね。
しかも夜中に書いたので、朝起きてから読み返したら「なんか、ちょっと気持ち悪い」印象。ラブレターを夜書いたらあかんというあの現象でしょうか。なぜかわからないけど、気取った感じになるんですよね。笑

実は英米文学にはほとんど触れたことがないのですが、
たぶんいろいろ原文で読んどくべきだよね。。。
テキストに出てくる作品と作者の多さにビクビクしています。汗

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
22:29 英米文学概説 | コメント(0) | トラックバック(0)

【英米文学概説】レポート返却

2014/11/10
分冊1のレポートが返ってきました。
無事、合格
コメントが2行だったのが、ちょっと寂しい合格でした。

メディア2科目、思った以上にハードで、
レポートに全然手が回らんのですけど、
大丈夫なのか、、、

とにかく、最後まで全力尽くしてみます!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
23:55 英米文学概説 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。