11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【英語を子どもに教えるな】市川力

2015/11/27
最近一番衝撃的だった著書。いかに自分がずぶずぶの「英語観」に浸って育ってきたか、はっきり突きつけられ読んでいて恥ずかしくなりました。



筆者は13年間アメリカに滞在し、親の転勤等の理由でアメリカに住むことになった日本人の子ども向けに、日本語を教えていた経験を持ちます。前半ではバイリンガルに対する過剰なまでの親の期待を背負った子どもたちの、暗い側面が描かれます。

特に、拒食症でドクターストップがかかったにもかかわらず、あと「半年現地の学校に通えば現地校出身者として高校受験の資格を得られる」という理由で親が現地校に通わせ続け、高校に無事合格したのに、拒食症は治らず、数年後に亡くなった女の子のくだりは涙が出そうでした。。。

「バイリンガルに対する甘い幻想」

とハッキリ言いきる筆者は、自らの経験と豊富な引用を用いて、早期英語教育のメリットとデメリットを客観的かつ慎重に吟味します。ただ批判するだけではなく、とにかく根拠をきちんと示し、綿密に取材をし丁寧に論じられていること、また「もし早期から英語を習わせるのであれば、こういうところに気をつけるべきだ」というポイントが後半でたくさん挙げられているところがすばらしいと思います。そのポイントもすべて、とても具体的なので実践しやすそうです。

アメリカでのバイリンガル教育だけでなく、IBディプロマやインターナショナルスクールなど、さまざまな種類の教育機関が取り上げられ、いろんな角度から英語教育を知ることができます。

残念なのは多少、タイトルがきついかな?というところ。
こんなに濃く秀逸な内容なのに、この本を手に取るべき人が敬遠してしまう可能性もあるなぁと。

ただ、インパクトのあるタイトルでないと、
このご時世手に取ってもらえないというのも理解できる。

自分が親になる前に読んでいてよかったと心から思った1冊。
卒論のヒントもたくさん出てきて、少し前進した気がします。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
01:31 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)

【英語学習7つの誤解】大津由紀雄

2015/11/25
卒論のことを考え、最近の読書はもっぱら英語学関係で、小説等は買ったまま溜まっていく一方です。(オススメしていただいた本は卒論が終わってから読むことになりそうです



さて、本書の筆者は言語の認知科学・言語教育の専門家としてただひとり、文部科学省の「英語教育の在り方に関する有識者会議」の委員となった大津由記紀雄先生。MIT(マサチューセッツ工科大学)大学院ではあのノーム・チョムスキーのもとで学んだ経歴があるそうです。

わたしはチョムスキーすら大学に入るまで知らなかったのですが、言語学の世界では2人とも説明不要なくらいの超有名人だということがわかってきました(←遅い)

大津先生が挙げた誤解は以下の7つ。

1)英語学習には英文法は不要である
2)英語学習は早く始めるほどによい
3)留学すれば英語は確実に身につく
4)英語学習は母語を身につけるのと同じ手順で進めるのが効果的である
5)英語はネイティブから習うのが効果的である
6)英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である
7)英語学習には理想的な、万人に共通する科学的方法がある

以上はすべて誤解である、というのを研究者の立場から解説し、最後に、筆者が身の回りの「英語の達人たち」に勉強法等をインタビューし、彼らから得た回答が載っています。(ここでは大津先生のコメントがお茶目で、個人的に好き。笑)

本書がすばらしいと思ったのは、メリット・デメリット含めひとつひとつをきちんと吟味して結論にたどりつく点。論の進め方がとてつもなく慎重で、わたしなんかが言うのも失礼ですが「さすが、研究者だなぁ。冷静で客観的で、すごい!」と思いました。

「大津先生の本はわかりやすいのに質がまったく落ちない」と紹介していただいたのですが、確かに、わたしのような英語学のさわりの部分しか知らないような学生でも、よく理解できました。正直、これまで信じていたことや、「子どものころまわりの大人がよく口にしていたこと」もきれいにハッキリ「誤解ですよ」と言われて衝撃を受けた部分もありました。笑

ただ、これだけ中身が濃いのに、絶版になってしまったのがとても残念。
(amazonでは中古で購入できます。)

英語の先生、英文科の学生、幼い子どもに英語を習わせようか迷っている保護者さん、どんな方が読んでも勉強になるんじゃないかなと思いました。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
22:41 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)

【日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy】厚切りジェイソン

2015/11/18
少し前から厚切りジェイソンさんのtwitterの人生相談を読ませてもらっていて、それが書籍になるということで、発売日を楽しみに待っていました。

表紙もシンプルですぐ見つかりました。

筆者はアメリカの出身で、
17歳で飛び級し、高校に通いながら大学の単位も取得。
高校を卒業すると大学2年生に編入し、卒業後はIT企業に就職します。
その後、転職先の会社で日本法人立ち上げのために来日し、紆余曲折あってお笑いの養成所に1年間通い、今は企業役員と芸人の2足のわらじを履いているという、異色の経歴の方です。

今も2足わらじですが、ジェイソンさんはアメリカで社会人をしていたときも、夜間の大学院に通い修士を持っているようです。芸人学生―僕が学びつづける理由の東国原元宮崎県知事も何足もわらじを履いてがんばる方ですが、一応、自分も同じ社会人学生なのでとても親近感がわきます。まぁ、わたしとは全然、スケールが違いますが

文章がわかりやすく、ポジティブで、心に刺さる言葉がいっぱいで、読後爽快な気分になる読書でした。「アメリカの常識を押し付け過ぎ」という意見もたまに見かけますが、「僕はこう思う」と主語をはっきり明確にしてあるので、わたしはそれほど押しつけには感じなかったです。

以下、特に心に残ったフレーズを引用しておきます。

p.40 (やりがいのない仕事から転職すべき?に対して)
ポイントはやりがいがなくても、成長しているかどうか。

p.100 本当に頑張ったかどうかは自分しか知らない。
(中略)他人の褒め言葉は意味のないお世辞にすぎない。


p.122 「○○したら夢を追いかける」という人は、
永遠に次の「何か」を待っている。


にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
22:54 読書 | コメント(3) | トラックバック(0)

【逆転力〜ピンチを待て〜】指原莉乃

2015/06/25
忘れないうちにメモ。



HKT48の指原莉乃ちゃんの著書。
どうせアイドル本でしょ?って思ってたんです、正直。
読み終わったらごめんなさいと素直に思いました。笑
これを自分より歳下の女の子が考えてるのかと思ったら、すごいなと。

軽い語り口で自身の経験を書いたエッセイですが、
内容はとっても濃かったです。

とくに印象的だったのは、
「ホントの自分なんてないんですよ。素の自分なんてない」
「自分は他人が見つけてくれる」
でした。確かに、他人がいなければ自分の長所も短所もわからない。
哲学っぽいですね。

あと、「すごく偉い人にはフランクに、ちょっと偉い人には丁寧に」っていうのがすごくよかった。「中途半端に偉い人はちょっとの無礼がムカつくので下からいく、すごく偉い人は心が広いので、緊張せずフランクにしゃべったほうがおもしろがってもらえる」だそうで。
あぁ。。。と心当たりが。笑

たまに電車移動で読み返したり、好きなとこからつまんだり。
新書だし安いし、軽めの読書にいい本だと思いました。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
00:43 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)

【杏のふむふむ】杏

2015/03/27
最近、勉強に関係ない本買いすぎです。。。
杏のふむふむ (ちくま文庫)杏のふむふむ (ちくま文庫)
(2015/01/07)


商品詳細を見る


モデル・女優・歌手として活躍する杏さんのエッセイ。
雑誌の連載を一冊にまとめたものが単行本になり、
それが文庫化したものだそうです。

「出会い」がテーマになっていて、小学校時代から執筆当時まで、
長い時間軸のなかで杏さんが出会ったさまざまな人たちが登場します。

パリやニューヨークでのモデル経験、野球少女だった小学校時代、
穂高縦走などなど、エピソードがたくさん出てくるので飽きません。

歴史好きで読書家というだけあって、文章も流れるようで読みやすく、
のんびりほがらかな杏さんの人柄がにじみ出ている一冊でした。

「杏のふむふむ」というタイトルも、ぴったりハマっていて素敵です。
長さもちょうどよく、いい読書でした。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
23:36 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。