06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【英語Ⅱ】レポート完了

2014/07/30
ようやく、ようやく、英語Ⅱのレポートが仕上がりました!
第○文型を抜き出しなさい、にはだいぶ飽きてきました。笑

今回、テキストに短編集が3つ入っていましたが、
2→1→3の順で読みやすかったです。
3は若干物語を味わいきれてない気がする

「卒業まで、訳本はなし!!!絶対なし!!!」
と心に決めておりますが、最初の数ページだけしんどいものの、
何度も読めばけっこう理解できるもの。
この単語、どういう意味やろ〜??と常に推測するクセもつくし、
読むペースがすこーしずつ早くなってくるのも、嬉しい

次は英米文学概説のレポートに入ります。
間に合うか微妙ですが、やるだけやります。
反省は終わってからでいいや。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
00:21 語学必修(英語) | コメント(2) | トラックバック(0)

【英米事情Ⅰ】結果

2014/07/22
ブログの間が空いてしまいました
引っ越しが無事に終わり、ようやく生活が落ち着いてきました。
あとはネット開通させるのみ。
今はiPhoneのデザリングで書いています。

春の地方スク1期の結果が転送されてきました。
結果は、、、無事、合格
S評価をいただきました!嬉しい
このスクーリングのテキストは、とてもいい教材でしたので、時間ができたらきちんと読みたいと思います。

そして、迷っていた夏スクですが、出ることにしました。
帰省も考えていましたが、やっぱり、
チャンスがあれば全部出て行かないと。

明日から宿や交通手段の確保です。
多分ギリギリですが、、、ちゃんと取れますように。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
23:26 スクーリング | コメント(6) | トラックバック(0)

【英米文学概説】学習スタート

2014/07/07
英米文学概説の教科書を読み始めました。
実は、6月ノルマのレポートがまだ書き上がっていないのですが、
英米文学概説自体、ずっと引き延ばしてきた科目なので、
とりあえず、先に進みます。

20ページくらい目を通してみましたが、
意外と読めそうな感じでした。
ちょっと拍子抜け
よく考えれば、全部英語で書かれたテキストを、
日本語のものより難しい内容で読ませるはずないですよね。
早く気づけばよかったと同時に、リーディングのいい訓練になりそう。
楽しく読んでレポート書こうと思います

新しい職場も3週目に突入するので、
「つかれたー」とか「なんて使えないんだ自分。。。」などと落ち込まずにがんばりたいです。

今のところは最初から、入ったばかりのわりに求められるレベルが高くて、
(前任の方々が優秀で仕事できる方ばかりだったから??)
理想と現実のギャップに苦しんだ2週間でした。
ペースを上げるとミスが増え、丁寧にやると時間がかかり、
それでも容赦なく増えていく検品。
でも絶対にミスできない、、、、みたいな。

先輩にも、上司にも、ご迷惑をかけっぱなしで申し訳ない限りですが、
もう、仕事を言い訳に勉強できないとか疲れたとか、言うのやめます。
自分が転職したくて、理想の仕事を手に入れたのだから、
甘ったれていてはダメですね。
気合いを入れ直して、がんばります。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
00:33 英米文学概説 | コメント(2) | トラックバック(0)

【英語Ⅰ】レポート返却

2014/07/03
英語Ⅰのレポートが返ってきました〜。
結果は、、、合格
とても丁寧で、よくまとまっていますと、
A評価をいただきました。嬉しい

課題の指定が細かくて、一番嫌々手を付けた語学必修科目ですが、
裏を返せば指定をきちんと守って書けば合格しますよということ。
逆に、一行だけの課題のほうが、先生方の意図を正確に読みづらく、
不合格の確率が上がるのよね。

ということを今回学んだので、
語学科目もしっかりがんばろう
やっぱり、大学のカリキュラムってきちんと勉強すればするほど、
いかに効率的で理にかなってるか、どんどんわかってくる。
おもしろい。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
01:13 語学必修(英語) | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。