02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

【杏のふむふむ】杏

2015/03/27
最近、勉強に関係ない本買いすぎです。。。
杏のふむふむ (ちくま文庫)杏のふむふむ (ちくま文庫)
(2015/01/07)


商品詳細を見る


モデル・女優・歌手として活躍する杏さんのエッセイ。
雑誌の連載を一冊にまとめたものが単行本になり、
それが文庫化したものだそうです。

「出会い」がテーマになっていて、小学校時代から執筆当時まで、
長い時間軸のなかで杏さんが出会ったさまざまな人たちが登場します。

パリやニューヨークでのモデル経験、野球少女だった小学校時代、
穂高縦走などなど、エピソードがたくさん出てくるので飽きません。

歴史好きで読書家というだけあって、文章も流れるようで読みやすく、
のんびりほがらかな杏さんの人柄がにじみ出ている一冊でした。

「杏のふむふむ」というタイトルも、ぴったりハマっていて素敵です。
長さもちょうどよく、いい読書でした。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23:36 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)

【世界の美しい図書館】

2015/03/27
世界の美しい図書館世界の美しい図書館
(2014/12/10)
アフロ、アマナイメージズ 他

商品詳細を見る


雑貨屋さんで見つけて一目惚れしました。
世界中の街や大学の図書館が、説明付きで載った写真集。

カナダにいた頃よく行ってたバンクーバー市立図書館が載っていて、
めちゃくちゃ嬉しかったです。
たまに開催される古本市(レンタル落ちの本バージョン)が好きで、
図鑑や絵本や、映画の原作本などを買って持って帰りました。

日本の図書館も載っていて、24時間365日開館している、
国際教養大学の中嶋記念図書館がステキだなと思いました。
(図書館戦争実写版の図書館に、ちょっと似ている♪)

最初から最後まで読み通すというよりも、
気が向いたときにパラッと好きなところだけ読むような一冊です。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
23:27 読書 | コメント(0) | トラックバック(0)

【イギリス文学史1】レポート完成

2015/03/16
イギリス文学史1分冊2のレポートが完成しました〜。
ちょっと時間がかかってしまったな。
でも、これで試験は受けられます。

文学史といえど、歴史の流れがわかっていないと理解が難しい。
イギリス王家の家系図をネットで拾って何度も見返しております。。。
ウィリアムとジョンとエドワードとヘンリー多すぎるでしょ!と何度突っ込みを入れたことか。涙

でも家系図がなんとなく頭に入ると、時代の流れもわかって、
文学はそれを反映しているから。。。とどんどん知識が数珠のようにつながっていき、楽しくなってきます。

英文学、興味ないと思ってたけど、
ちょっとずつですが面白くなってきました。

また最近、面白そうな本が次々発売され、
つい買ってしまい勉強に関係ない本も読んでました。
これはこれで、人生の糧になるのでできるだけ読んでいこうとは思っていますが、積読本が増える一方です。苦笑

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
01:57 イギリス文学史Ⅰ&Ⅱ | コメント(0) | トラックバック(0)

【英米文学概説】レポート返却

2015/03/14
先週、帰宅するとレポートが返ってきていました。
今回は、3週間での返却。良心的です。

久しぶりに、WEB上で合否確認する前に現物を見たので、
ドキドキしながら開けると、、、
無事、合格

しかも、講評が長くて丁寧!
「優れたリポートです」の一言が嬉しかったです。
本文にも赤線引いて○印がついていたり、
チェックしましたよという跡をちゃんとつけてくださってました。

ただ、原文の単語をそのままカタカナ表記してしまったところには注意が入っていました。たとえば「キャラクター」ではなく、訳語の「性格描写」とするほうが望ましいようです。
アメリカ文学史や英語史でも気をつけないとですねー。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村
12:35 英米文学概説 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。